[交通事故(後遺障害・休業損害・慰謝料)サポート専門サイト]

 
                                                                     (行政書士おのでら法務事務所)
                                                                 TEL 022‐233‐9604
(宮城県仙台市泉区みずほ台)
CONTENTS
HOME            
交通事故
 示談書に判を押す前に
 後遺障害
 □後遺障害等級表
 □休業損害
 □慰謝料
 □むち打ち症
 □交通事故Q&A


お問い合わせ



リンク




後遺障害

1.後遺障害とは?
交通事故によって負傷し治療後何らかの障害が残った状態を「後遺症」といい、自賠責保険の基準で等級付けの認定がされた後遺症を後遺障害と呼びます。後遺障害は、自賠法で規定されており、 1 〜 14 級に分類されます。保険会社との交渉においては、この後遺障害認定の等級に基づいて損害を算定します。

2.後遺障害等級表
  後遺障害等級表(自賠責保険基準)』ページを指 矢印 素材 左向きクリック
                
3.申請できる時期
後遺障害の申請は、「症状固定」にならなければ出来ません。症状にもよりますが、6ヶ月をめどに認定されるケースが多いようです。そして、症状固定後に申請となります。

 ■症状固定とは?
症状固定とは、病院で有効な治療をいくら続けてもこれ以上治療に効果が感じられず、その症状の回復や改善が期待できなくなってしまう状態をいいます。

4.後遺障害による遺失利益
後遺障害によって、以前のように仕事ができなくなる場合があり、その減収分を遺失利益として請求できます。
計算は、
【年収×労働能力喪失率×労働能力喪失期間で求めた減収分から、ライプニッツ係数(ホフマン係数)】

の算定方式で算定します。

5.後遺障害による慰謝料
後遺障害がある場合の慰謝料の基準には、3つの基準があります。保険会社は、その内の自賠責保険の後遺障害等級表の金額をもとに算定してきます。そして、後遺障害慰謝料の請求の上では、この基準の違いを理解した上で、交渉することが必要です。

 慰謝料』ページを指 矢印 素材 左向きクリック


交通事故 示談書に判を押す前に

後遺障害等級表

休業損害

慰謝料

むち打ち症

交通事故Q&A


メールでのお申し込み・お問合わせはこちらへ


                       ▲このページのトップへ


HOME |  建設業許可各種許認可法人設立・融資交通事故相続・遺言成年後見記事・メディア