[交通事故(後遺障害・休業損害・慰謝料)サポート専門サイト]

 
                                                                     (行政書士おのでら法務事務所)
                                                                    TEL 022‐233‐9604
                                                                                                                                               (宮城県仙台市泉区みずほ台)
CONTENTS
HOME            
交通事故
 示談書に判を押す前に
 □後遺障害
 □後遺障害等級表
 休業損害
 □慰謝料
 □むち打ち症
 □交通事故Q&A


お問い合わせ



リンク




休業損害

1.休業損害の計算
休業損害とは、交通事故の傷害により仕事ができなくなり、得られたはずの利益を失ったことに対する損害です。基本的には事故発生時から傷害の治癒、後遺障害の症状固定日または死亡日までの期間となります。減収額が把握できればそれにより、そうでなければ収入日額を認定した上で、休業日数をかけて計算します。
   休業損害=基礎収入の日額×休業日数

2.職業別休業損害計算方法
□会社員
事故前3ヶ月の収入を平均して1日あたりの平均賃金を計算します。季節によって収入の変化がある場合は、1年間の収入を365日で割り、1日あたりの平均賃金を出します。

また、有給休暇を利用して入院・通院していた場合には、収入が減少していなくても、有給休暇を入院・通院といった治療のために使用しているので、休業日数に含めることができます。

□自営業者
前年度の確定申告の所得を基礎にして計算します。年度によって著しく差がある場合は、事故前3年間の平均所得を基礎とします。

また、確定申告をしていない場合、各種伝票や領収書などで収入額の証明ができれば、その収入額を基礎とします。その他、賃金センサスの平均賃金を目安にして計算する場合もあります。

□主婦
主婦が傷害のため家事に従事できなかった場合、多くの場合賃金センサスの平均賃金を目安にして計算します。

但し、パートなどの収入がある場合は、計算方法が変わる場合もあります。


交通事故 示談書に判を押す前に

後遺障害

後遺障害等級表

慰謝料

むち打ち症

交通事故Q&A


メールでのお申し込み・お問合わせはこちらへ


                       ▲このページのトップへ


HOME |  建設業許可各種許認可法人設立・融資交通事故相続・遺言成年後見記事・メディア