[相続・遺言 サポート専門サイト]


相続 遺言 仙台泉サポートセンター 
                                                                    (行政書士おのでら法務事務所)
TEL 022‐233‐9604
                                                                                                                                               (宮城県仙台市泉区みずほ台)
CONTENTS
HOME   
相続・遺言
 いざの時困らないために
 □法定相続人
 □ケース別法定相続分
 □相続対象財産
 □相続承認と放棄
 □相続税かかる財産
 □相続税計算
 遺留分
 □遺留分減殺請求
 □代襲相続
 □遺産分割協議
 □特別受益・寄与分
 □相続人・認知症
 □遺言方式
 □遺言撤回
 □遺贈
 □遺言執行者
 □遺言書作成費用
 □相続・遺言あれこれ
 □葬儀後の手続き


お問い合わせ



リンク










遺留分とは?


「遺留分」とは、法定相続人に保障される最低限度の財産分をいいます。被相続人は、自分の財産(遺産)を自由に処分できますが、遺産を相続人の1人に全部相続させると遺言した場合、他の残された遺族(相続人)の生活の安定及び財産の公平な分配ができなくなってしまいます。そのために、一定の者には必ず相続財産の一部が保障されています。

但し、相続人に遺留分が認められていますが、全ての相続人に遺留分が認められている訳ではありません。遺留分が認められるのは、
 ・被相続人の配偶者
 ・直系卑属(子、孫など)
 ・直系尊属(親、祖父母など)
   ※被相続人の兄弟姉妹には、遺留分はありません。

◆遺留分の割合

相続人

相続人全体の遺留分

配偶者の遺留分

その他の相続人の遺留分

配偶者と子(直系卑属)の
場合

1/2  

1/2×1/2=1/4

1/2×1/2=1/4
子2人の場合1人あたり
1/4×1/2=1/8

配偶者と親(直系尊属)の
場合

1/2

1/2×2/3=1/3

1/2×1/3=1/6
親2人の場合1人あたり
1/6×1/2=1/12

配偶者と兄弟姉妹の場合

1/2

1/2

配偶者のみの場合

1/2

1/2

子(直系卑属)のみの場合

1/2

1/2
子2人の場合1人あたり
1/2×1/2=1/4

親(直系存続)のみの場合

1/3

1/3

兄弟姉妹のみの場合



相続・遺言 いざの時困らないために

法定相続人

ケース別法定相続分

相続対象財産

相続承認と放棄

相続税かかる財産

相続税計算

遺留分減殺請求

代襲相続

遺産分割協議

特別受益・寄与分

相続人・認知症

遺言方式

遺言撤回

遺贈

遺言執行者

遺言書作成費用

相続・遺言あれこれ

葬儀後の手続き


メールでのお申し込み・お問合わせはこちらへ


                       ▲このページのトップへ


HOME |  建設業許可各種許認可法人設立・融資交通事故相続・遺言成年後見記事・メディア